任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲内で補えない補償をしてもらえるとても大切なものです。この任意の保険については自賠責保険の上乗せ保険ということで有用なものですので、自賠責保険でまかなえる限度額を超えたときに役立ちます。それから自賠責保険では対物損害に関しては保証されていないのでそこのところをまかなうためには任意保険にも加入しておくのがいいと思います。現時点で任意保険を支払っているマイカーを処分する時は、国産メーカーの車あるいはドイツ車ということは関係なく残っているお金が返ってきます。国内メーカーの自動車を売る場合でも同じです。自賠責保険の場合は、通常かけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険というものは全ての人が入るものではありませんからキャンセルということになります。それで任意保険をキャンセル後は払っている残存金額が返還されるのです。自動車取引が決定したからといってすぐに任意保険を解約するという選択肢はリスクがあります。当たり前ですがすぐにキャンセルしてしまえばその分返還される保険料は多くなりますがもし車専門店が離れた地域にあるため、自ら乗っていくということになった場合には、任意保険なしで運転をすることになります。もしもの時を想定して絶対この先車の運転をすることはない状況になるまでは契約のキャンセルの手続きはされないようにしなければなりません。所有車を処分して、すぐに新しい車種に買い換えるのだったら構わないでしょうがもしもずっと乗らない状態が続いて任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこうした任意保険に入っていない時間がある場合過去に継続していた等級が下がり、任意保険の保険料が増えてしまいます。そういったような場合では「中断証明書」を出してもらうようにしなければなりません。この「中断証明書」を使えば、10年までは無保険になる前の等級を引き継ぐことができるのです。これは、13ヶ月以内ならば発行することが可能ですので、仮にもう愛車を売られていて、「中断証明書」という書類を出されてもらっていない状況であれば、保険の提供元や任意保険の代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。仮に自分が新しくクルマを購入して以前保有していた愛車を買取依頼するのならば契約は一方のみのです。更新という処理になるため、乗らなければなれない所有車の場合は処分の際まで注意しなければなりません。また、任意保険の保険料は車両により保険料がだいぶ変化してくるので、クルマ引き取りのさいは任意保険を検討する良いタイミングとも言えますね。